薬用植物総合情報データベース

植物詳細

植物名ヒロハセネガ
ラテン名Polygala senega L. var. latifolia Torr. et A. Gray
科名Polygalaceae
和科名ヒメハギ科
一般名セネガ
一般英名Senega (Seneca snakeroot)
品種等
分類多年生草本
画像
形態的特徴 実生1年目では茎は1〜2(3本)で草高は約20cm,2年目では3〜4本が立ち,草高は20〜25cmになる.主根は1年目で15〜20cm程度までに伸長し,1次側根に多数の網根が発達する.主根の長さは2年目ではやや増加する物の1年目でほぼ決まり,その後,生育年数の増加とともに,主根や1次根は肥大し,1次側根に着生する網根は減少する.
生態的特徴 冷涼でやや乾燥した気候好む.排水良好で肥沃な地に適する.湿潤な土地は根の発育が不良で,病害におかされやすく,また,夏に乾燥の激しい場所や年では生育はは劣る.本州中部以南では1年目の6月下旬から9月にかけて,2年目では6月中旬から9月にかけて開花する(北海道では生育の良い株で1年生の同時期に開花が見られる).
生育特性 
寒さの区分 II 〜 IV日照条件 II 〜 IV
暖かさの区分 55 〜 120土壌分類 I,II
土壌適正排水の良い適湿名土地を好む.腐蝕壌土又は腐植質を多く含んだ砂壌土に適する.肥沃で柔らかい土地に適する.
遮光不要
画像
写真ライブラリー写真ライブラリー
文献情報 
Tsukitani, Y. et al., Constituents of senegae radix. II. Structure of senegin II, a saponin from Polygala senega var latifolia. Chemical & Pharmaceutical Bulletin (1973), 21(4), 791-9.
Pelletier, S. W. et al., Constituents of Polygala species. Structure of tenuifolin, a prosapogenin from Polygala senega and Polygala tenuifolia. Tetrahedron (1971), 27(19), 4417-27.
Shoji, J. et al., Constituents of Senegae radix. I. Isolation and qualitative analysis of the glycosides. Yakugaku Zasshi (1971), 91(2), 198-202.
生薬名 セネガ
組織培養物及び効率的増殖法
植物体栽培及び植物の効率的生産法 栽培情報
さく葉標本情報
トランスクリプトーム・ゲノミクス情報
稀少植物情報
保有資源情報
導入年 保有研究部 導入番号
1981筑波研究部3126-81TS
2004北海道研究部15077-04HK