薬用植物総合情報データベース

組織培養物及び効率的増殖法_文献

植物名
ラテン名Gentiana triflora Pallas
文献コードGentiana-Ref-1
出典(著者,雑誌,巻号頁,発行年)Hosokawa et al., Plant Cell Reports 15: 578-581 (1996)
要約(和訳)WSP-3の品種で各外植体からの植物体再生に最も効果的な培地とサイトカイニンとオーキシンの組み合わせを検討した結果、MS培地でTDZとNAAがそれぞれ葉・茎切片には5-10mg/L, 0.1mg/L、根切片では10mg/L, 1 mg/Lが適していた。他の8種類の栽培種では葉切片からの再生率は30-100%であった。
目的葉、茎、根の外植体からの不定芽形成
材料(品種,系統,産地,由来)岩手県園芸試験場から入手したF1(Himoi, Ihotovo, Iwate, Iwate-otome, Maciry)種子と種間雑種Albireo種子,および種間雑種のH-3, Palamo white, WSP-3の培養シュート
外植片葉、茎、根
初期培養3%ショ糖、0.2%ゲランガム添加のMS培地で培養。得られた腋芽を同じ培地に置床し、20度6時間日長下で2か月ごとに継代
シュート増殖植物体再生には、MS培地が適し、葉切片ではTDZ 1-10mg/LとNAA 0.1mg/L、茎切片ではTDZ 5-10mg/LとNAA 0.1mg/L、根切片ではTDZ 10mg/LとNAA 1mg/Lが最適だった。
発根ホルモンフリー培地で容易に発根
馴化条件容易に順化
鉢上げ・定植記載なし
栽培条件温室
再生植物体の形質温室で栽培した20個体の再生植物は、初期の成長段階では葉形や成長機能に対する表現型が正常であった
分析した成分
成分の抽出法
分析法
備考