薬用植物総合情報データベース

組織培養物及び効率的増殖法_文献

植物名
ラテン名Gentiana triflora Pallas
文献コードGentiana-Ref-2
出典(著者,雑誌,巻号頁,発行年)Nakano et al., Tohoku Agric Res 46: 289-290 (1993)
要約(和訳)リンドウの茎頂培養では、サイトカイニンとしてゼアチンが有効で、初代培養は低濃度のNAAと比較的高濃度のゼアチンを組み合わせた培地で行い、その後ゼアチン濃度を1/10程度に減少した培地にシュートを移植する方法が有効と考えられた。
目的変異の少ない効率的な栄養繁殖系の確立
材料(品種,系統,産地,由来)岩手園試圃場で維持している矢巾系、鳥取系実生株
外植片茎頂近傍組織(3-5mm)を摘出
初期培養NAA 0.1mg/L添加のMS(ショ糖3%、寒天0.7%)で培養。23℃、16時間日長(3000Lux)
シュート増殖MS培地にNAA 0.1mg/L, Zeatin 1.7mg/Lでシュートが形成
発根記載なし
馴化条件記載なし
鉢上げ・定植記載なし
栽培条件
再生植物体の形質
分析した成分
成分の抽出法
分析法
備考